文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム「精神科多職種連携治療・ケアを担う人材養成」 キックオフシンポジウムで講演しました。

文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム「精神科多職種連携治療・ケアを担う人材養成」(以下PsySEPTA)キックオフシンポジウムが、筑波大学で開催されました。本学作業療法学科 学科長 齋藤さわ子教授が「多職種連携における作業療法士の役割~急性期医療から就労支援まで~」というタイトルで講演しました。現場で働く医師、PSWなど様々な職種の参加されていた方から、 「作業療法士の専門性を改めて認識した」「連携を是非していきたいですね」というコメントを、講演終了後にいただきました。作業療法士のこと、もっと知ってもらうことが重要ですね。